イモトアヤコが世界遺産パナマでウミガメの産卵「アリバダ」を追う!

Sponsored link

珍獣ハンター「イモトアヤコ」を追う!!
今回の舞台は運がで有名なパナマ!
そこから南西へ200キロほどの海に浮かぶ世界遺産「コイバ島」
本土から切り離されて1万5000年は経っているため、
動植物の亜種が多く生息しています。

元々、監獄であったために地元の人間達からも嫌われており開発が遅れました。
これが幸いし、人の手が入っていない理想の楽園となったのです!!

イモトアヤコさんは今回、この「コイバ島」にてウミガメの産卵に立ち会いました!
世界各国の珍獣と格闘しているイモトさんですが今回は感動を届けてくれました(笑)


https://www.google.co.jp/search

ただの産卵ではないんです!ウミガメの大産卵を「アリバダ」といいます。
大産卵ですから凄いですよ!こちらがその画像です^^


http://ameblo.jp/saki-choco-yfm

すべてのウミガメが「アリバダ」を起こす訳ではありません。
ヒメウミガメとケンプヒメウミガメだけなんですね!
雨季の下弦の月あたりでよく見ることが出来ます。
砂浜一帯を100万頭以上が埋め尽くすんですから
感動の光景が広がりますね^^
イモトさんのトンチンカンなコメントが毎回楽しみですね。
一番笑ったのは「コモドドラゴン」の時でしたが(笑)

Sponsored link

話しを元に戻しますと、アリバタが起こる理由、原因については明確な事は分かっていません。
一説には大量の子ガメを同時期に孵化させることにより、
生存率を高めるためでは?とも言われていますね。
私もこの説に賛成です。イワシが群れで行動するのも全く同じ理由ですからね!


Claudio Giovenzana www.longwalk.it ウィキメディア・コモンズより

調べてみるとウミガメの卵って買えるんですね(笑)
ちゃんとしたルートで!
この販売金を海の保全へと役立てることで一層、ウミガメの安全が守られていくんです。
私もこんな素敵な光景を実際の目で見てみたい!
砂浜は絶対汚さないぞ!皆さんも砂浜を綺麗にしていきましょう^^

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ